出前館が売上げを改善させる方法は評価の集め方にヒントあり

売り上げアップにかかせないのが購入者のレビュー集めです。本日は出前館のレビューをもっと効率的に集める方法をまとめます。では早速、現在のUXを見ていきましょう。まずはメールが届きます。

そして、中身を開くと『評価を投稿する専用のURL』が記載されています。

URLをクリックすると出前館へのログインが促されます。この時点で投稿ユーザーは高確率で離脱してしまいます。わざわざログイン情報を入力して評価を投稿する優良ユーザーはほとんどいません。

ではどのような手順へ変更されるとユーザーが自然に投稿しやすくなるのでしょうか?その1つの答えとしてはメール内にある専用URLリンクから『アプリを直接起動させてしまう方法』が最善です。

もし配信先メールアドレスがhtmlメールを許容しているなら「アプリを起動してレビューを投稿する」といった文言でボタンリンクをわかりやすく配置。受信者の都合でプレーンテキストメールが必須なら下記のようなテキストリンクを使ってユーザー側へ分かりやすく適切にレビュー投稿を促しましょう。

▼アプリを起動してレビューを投稿する
https://demae-can.com/?url_scheme=app/launch&ref=123
上記はサンプルURLなのでリンクしていません

そして「アプリを起動してレビューを投稿する」のボタン、またはテキストリンクをクリックすると下記の確認画面が開いてスマートフォン内でアプリケーションを立ち上げるか確認を挟みましょう。

そして「開く」をクリックでアプリケーションを立ち上げてアプリ内で投稿画面を表示させればOK。初期画面の読込み完了後に『自動でレビュー投稿画面が開かれる』のがもっとも理想的な流れです。

その後レビュー投稿画面へ

まとめ

ユーザーの投稿レビューをスムーズに集めたいのならユーザー側へログイン作業を委ねてしまうのは間違いなくNGです。もちろん、場合によってはスマホ側の設定で「ログイン済みのブラウザ画面」が立ち上がってログイン作業が必要ない方もいるかもしれません。しかし、実際のところ大半のユーザーがアプリ側で注文を行なっているはずなのでブラウザでログインされている保証はありません。

アプリ立ち上げ時のURLに乱数で任意コードを入れて、アプリケーションが起動した後にアカウント内の購入データと一致するかデータベース上でチェックをかけてしまえば連携も問題なく可能です。

手間を最小限に抑える工夫は最低限のルールとして実装できればより使いやすさが改善されていくはずです。そうなればアプリの使い勝手やアプリの評判自体も今よりもっと改善されるでしょう。

さらにレビューを投稿したら3日間限定の「100円OFFクーポン」を発行するなどユーザー側にもメリットがあればさらに喜んでユーザーは投稿してくれます。

西日本にもUber Eatsが本格参入してきて今後ますます大変な状況へ入ってくることが予想されますので個人的に出前館を応援したく参考記事といたしました。