感謝できない人を卒業するには

感謝の気持ちが恥ずかしくて伝えられない。いつもありがとうって考えているけど思っているだけじゃダメかな?どうすれば抵抗なく気持ちを言えるようになるだろう・・・。
ススム君
ススム君

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

  • 感謝できない人の特徴や感情など原因を深く知ってみたい
  • 恥ずかしがり屋でなかなか自分の気持ちを伝えられない
  • 誰かにお礼を言ったりしてもあまり意味がないと思っている

想像以上に気持ちを伝える行為は難しい。感謝の気持ちがあっても思うように人へ伝えられない人は意外と多いです。正確には難しいというよりも「神経質になる話題」と言えるかもしれません。

神経質になる理由は「皆がお礼に慣れていない」から。言う側も言われる側も感謝という感情を取り扱い慣れていなくて『ぎこちない』。日常的にあまり触れてこなかった言葉を第三者に投げかけられてもどう対処すれば良いかわからなくなって「変な空気感」が漂ってしまうのです。

人によっては同性なら大丈夫なのに異性には伝えづらいとか、気持ちは伝えられるけど相手にちゃんと届いているかわからないなど少し変わった悩みまであったりします。しかし、本来であれば感謝に「相手の反応」は関係ありません。相手がどう受け取るかはその人の「自由」だからです。

1. 素直に気持ちを伝える

最近あなたは誰にいつ「ありがとう」を言いましたか?あまり使わない言葉は扱いが難しいですよね。でもよく考えてみると感謝の気持ちを伝えるシチュエーションは想像以上にあります。

  • 宅配便の方が自宅まで大切な荷物を届けてくれた時
  • 外を歩いていてすれ違った誰かが道を譲ってくれた時
  • お店(スーパーなど)のレジで料金を支払った時

コンビニで買い物する時も店員さんは1つずつ商品を手にとって、レジの機械に通して袋に商品を入れて、手渡しをしてくれます。当たり前に見えて実はとてもありがたいことですよね。

今後無人コンビニができてしまったらレジ袋に入れる作業は自分自身かもしれません。でも幸いにも今ならまだ店員さんが目の前で丁寧に入れてくれます。さらに「ポイントカードをお持ちですか?」と気の利いたひとことまで添えてくれるなんと贅沢なオマケ付きです。

感謝の気持ちが伝えづらければもっと日常で「ありがとう」を意識してみましょう。お釣りの受け渡しに対して「(お金を手で渡してくれて)ありがとう」。コンビニで荷物を受け取る際も「(レジ袋に入れて渡してくれて)ありがとう」など感謝を伝えるチャンスは目の前に転がっています。

2. 少しだけ奥に目を向ける

僕たちがいつも「当たり前」だと思っていることは本当に『当然』なのでしょうか?

そう考えれば無人コンビニが登場しかけている時代に未だ店員さんがいることや、深夜まで営業している便利なコンビニが近所で営業しているという状況に少し感謝できるかもしれません。

感謝の気持ちが薄れる感覚は「当たり前」という気持ちからやってきます。レジには人がいて当然。支払う前にはポイントカードを確認されるのが当たり前。レジ袋に入れてもらうのが普通。でもすべてを「当たり前」だと思っていたらいつしか大切な何かも見失ってしまいそうです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について