転職活動時は経営者的な目線を持つと優秀な存在になれるのか

転職活動が苦手でなかなか採用してもらえない。企業にとってどんな存在になれば優秀な従業員として雇ってもらえるのかな。誰か簡単なアドバイスを教えてほしいなぁ・・・。
ススム君
ススム君

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

  • 就職活動に取り組んでいるが思ったように面談でアピールできない
  • エンジニアに転職したいけど面接で何をどう話したらいいか解らない
  • サラリーマンでも持てる経営者の目線がどんなものか教えてほしい

書類選考を突破する方法や、面談で的確にスキルを売り込む方法など転職活動は対策が重要です。この記事を書く筆者は面談が得意です。あまり転職が盛んでなかった時代から何十社も面談を受けてきてほとんどの会社で最終面接まで進んできました。もちろん、最終面談で落ちる場合もあれば、自ら辞退した会社もあったりと場数だけは人一倍の数をこなし経験してきました。

面接は「あなたの市場価値を試せる場」。意気込みすぎず肩の力を抜いて挑むのが一番です。本記事ではエンジニア転職を目指す方に向けて「エンジニア転職時にアピールすべき点」をお届けいたします。なお、面接時に意識すべき点はいかに『面接官の本音を引き出せるか』です。

簡単に言えば、会社の目指す未来を見据えながら、自分自身の都合も忘れない。世の中に需要と供給が存在するように物事には『光と影』があります。片方の目線だけではなく両方の目線を意識しなければ良い結果は導けません。企業の採用でも同じで雇う側(人事)と雇われる側(あなた)がいます。常に二面性を意識して頭を高速で切り替えられなければ「単なる自己中な人」で終わるだけです。本当に受かりたければ「採用側が求めている需要」を見極められる力をつけましょう。

企業の求める人材像

まずは企業側が求めている人材への期待を考えましょう。もし以下の23個にすべて「はい」と答えられたあなたの面接ポイントは100点満点。どんな面接だとしてもアピールすべきポイントさえ間違えなければおそらく百戦錬磨の逸材になれるはずです。ただし、視点が何よりも重要です。各見出しの下にはエンジニアとしての転職時にどう活かせばよいかを補足させていただきました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について